La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう私のクラムトゥ生活も残すところ1週間あまり。
いつも「ジュンコ」「ジュンコ」と言ってなついてくれた子どもたちに
感謝の気持ちを込めて、子ども祭りをやりました。

今回は準備段階で子どもたちにも手伝ってもらって
みんなで輪飾り作ったり、Tシャツのデザインしてもらったり。

TシャツはMサイズを13枚頼んだのにMサイズ2枚、Lサイズ5枚、
XLサイズ4枚、挙句にXXLサイズ2枚がやってきた!!
しかも、Tシャツ屋のおじちゃん、デザイン勝手に変えようとするし。
「祭」の文字逆に印刷しようとするし!!
もちろん予定通りにはできないし。さすがガボン。

当日は、お隣の州のフランスビル隊員に加えて、キャラバン中の幼児教育隊員、
そして看護師隊員のしおりちゃんも駆けつけれくれました。
祭り当日の朝早くに着いた幼児教育&しおりちゃんは
夜行列車でちゃんと寝れたはずもないのに、
着くなりメダル作ったり、手洗い教育の準備やリハをしてくれたり。
DSC03199.jpg

お昼に会場のガルチエに行って飾り付け開始。
DSC09599.jpg

東日本大震災の写真も掲示したらいろんな人が見てくれました。
IMG_1170.jpg

飾り付けの後にはMmeダダのところでお昼ご飯。
やっぱりみんな大絶賛!!ここのご飯はホントにおいしい!

14時開始予定だったけど、子どもたちが集まるわけもなく、
仲のいい子どもたちを呼びに行ったりしてるうちに15時近くになって開始。
クラムトゥのローカルテレビ局も取材に来ました。
DSC03231.jpg

自己紹介の後、幼児教育隊員による手遊びや紙芝居、劇など。
幼児教育隊員、やっぱり子どもの心のつかみ方を知ってるよね。
最初はおとなしかった子どもたちも最後にはみんな笑顔で楽しそうだった。
DSC09638.jpg  IMG_1185.jpg

そして、じゃんけんぽん列車。ここではガボン人のマニュに仕切ってもらう。
じゃんけんして負けたら勝った人の後ろについて、最後に一番前になった人が勝ち
って遊びなんだけど、やっぱりなかなかうまくいかなくて
最後には普通のじゃんけん大会になっていた。

その後、また幼児教育隊員に中心になってもらって折り紙。
折り紙の後に「だるまさんが転んだ」やろうと思っていたんだけど、
人数も多かったし、時間も押していたので中止にしてそのまま手洗い教育へ。

ニジェールなんかでは隊員の活動歴も長いので手洗い教育が根付いるらしいけど、
ガボンでは幼稚園に水場さえもなかったりで、子どもたちに限らず
何か食べる前に手を洗っている人は多くありません。
今回、祭りの最後にお菓子を出すにあたって、手洗いの大切さを教えることにしました。

今後の活動の中で手洗い教育をしてみたいという
看護師隊員のしおりちゃんに中心になってもらって、
子どもたちになぜ手洗いが必要か?どうやって手洗いをするのか?
などを説明して、最後には実際に石鹸を使って手を洗わせてからお菓子をあげるというもの。
DSCF3069.jpg 絵を使って説明して
P1070234.jpg 子どもたちに考えさせ、
DSCN5424.jpg 最後に一列に並ばせて順番に手洗いを実践しました。
DSCN5418.jpg  DSCN5422.jpg

子どもたちが手を洗い終わったところでお菓子タイム。
日本のお菓子を食べてみよう!ってコンセプトに最初したんだけど
梅ちゃんと話しているうちに、ういろうもどきでガボンと日本の国旗を作ろうってことに。
日の丸は牛乳とベリー系のジュースで作り、
ガボンはミントのシロップで緑、レモンジュースで黄色、
そして青は迷った挙句にブルーキュラソーで色づけをしました。
日の丸は準備中に落っことしてしまうというハプニングが起きたので
結局日の丸のかけらとガボンの国旗をみんなに出すことに。
さすがにアルコールはNGなので青にはラップかけたままだったけど。
そして、ジュースの代わりに麦茶を提供。
DSCN5430.jpg


お菓子を食べ終えたらすでに17時近く。
最後は子どもたちにゴミ拾いをさせて祭りは終了。楽しかった~!!

祭りの後は隊員11人が我が家に集合してカレーパーティー。
たえちゃるが23日に誕生日を迎えていたので、サプライズパーティーも★
最後には幼児教育隊員が「ありがとークラムトゥー」って歌まで歌ってくれて♪
DSC03284.jpg おめでとーたえちゃる!

本当に楽しくて楽しくてたまらない一日でした。
クラムトゥまで駆けつけてくれた隊員のみんなに感謝!!
幼児教育隊員としおりちゃんのおかげで祭りが盛り上がりました。
特に幼児教育隊員はキャラバン中で忙しい中、強行スケジュールで来てくれて
すごい力になってくれて、本当に感謝しています。

祭りで大活躍してくれたマニュにも感謝!!

そして、準備段階からサポートし続けてくれた梅ちゃんに感謝!!
梅ちゃんがいなかったら、祭りの開催なんて無理だったもんね。

みんな、本当に本当にありがとう!
DSC03286.jpg  DSC03287.jpg
スポンサーサイト
2012.02.28 / Top↑
明けましておめでとうございます。

ガボンで迎える二度目のお正月、今年は全く新年という気もせず
1月2日から普通に働いていました。
あ、でも、年越しの瞬間はきれいな花火が盛大にあがっていたっけ。

4日まで仕事してそのまま夜行で首都にあがり、
休む暇もなく怒涛の日々は始まりました。
首都滞在中は隊員総会に日本大使館の安全協議会、
そして隊員が働くメレン精神科でのエイズ啓発アクティビティと保健省での活動報告。
保健部会の活動は準備もめっちゃ大変だったし、本当に疲れたけど
成果も出せたからやってよかった★
やっぱり隊員が集まればでっかいことができるよね。
詳しい話を書こうと思っていたけど時間もないのでごめんなさい。
とりあえず写真を一枚。
IMG_2313.jpg



そして、珍客二人を連れてクラムトゥに戻ってきました。
きっともう見ることのできないスリーショットです。
DSC00966.jpg

はい、お約束のWバランスね。
DSC01072.jpg

すっぴんメガネの写真をブログに載せるなって感じよね(笑)

久しぶりに行った職場では電子カルテが導入されました。
私の任期中になんとかみんなが習得できるといいんだけど・・・。

そんなこんなで私のガボンでの任期も残すところあと2カ月。
3月22日に日本に到着します。たぶん羽田着かな。
そして、ちゃっちゃと復職してしまおうと思っています。
ヒール履けるかな・・・。満員電車乗れるかな・・・。
2012.01.24 / Top↑
ちょっと前の話になるんだけど、同僚の娘のお誕生日を祝ってきました。
クラムトゥの町中から車で10分ほど行ったところで降り、
そこからBrousseに入って進むこと10分。
IMG_055912.jpg

今にも壊れそうな橋を通って、到着★

庭にはマンゴーやスターフルーツの木、パイナップルなどがたくさん。

料理ができるまでの間、子どもたちと一緒に近くの村までジュースを買いに行く。
途中、竹藪の中に川があって、子どもたちは洋服とか関係なく遊びだす。
緑いっぱい、自然いっぱい。ガボンはいいところだな。
IMG_059712.jpg

IMG_060312.jpg



帰ってくると私たちも料理の盛り付けのお手伝い。
IMG_060812.jpg

お菓子もジュースもいっぱいあって、テーブルの上に乗りきらないほど!
ニジェールからの振替隊でガボンに来た梅ちゃんは
あまりのご馳走にひたすら驚いてました。

そうそう。私たちもガトー作って持参したんだけど、
その上に主役のオクイの似顔絵描いてみました。梅ちゃんがね。
IMG_057312.jpg


みんなでJoyeux anniversaire♪と歌ってプレゼント渡してからBon appétit★
食べすぎた~。お腹いっぱいで動けませんでした…。

こんなに盛大にお祝いしてもらって、たくさんプレゼントもらって
本当にオクイは幸せものだね。お父さんとお母さんも仲良しだし★
IMG_064812.jpg

私の同僚で、オクイのママであるプリスカはただいま妊娠7カ月目。
私が帰る直前くらいに出産予定です。
これからも、この家族の幸せが続きますように。
IMG_057212.jpg
2011.12.21 / Top↑
知り合いがお隣の国コンゴで
ジントニックとマニョックを買ってきてくれました。
IMG_0994.jpg

ジントニックはこの大きさで700F。
ガボンで売っているのは小さいボトルで800F。
マニョックはガボンのモノよりも1.5倍くらい太いのが200F。
ガボンではお隣州のフランスビルで300F。
あ、でも味はフランスビルのマニョック・バテケのほうが上だった★

何が言いたいかというと、ガボンは物価が高い!
おかげさまで世界第一位の生活費をいただいているので
私は別にいいんだけどさ。でも現地の人は大変よ。
特にクラムトゥは内陸で交通インフラも発展していないから
余計に高いんです。野菜とか、高かろう&悪かろう・・・。

知り合いのチャド人にチャドってどんな国?と聞いたら
もっとモノが豊富で新鮮で安い!んだって。
今ベナンに一時帰国中のママにベナンのパーニュ(布)をお願いしたら
ベナンではガボンの半額で買えるんだって。

なぜガボンは物価が高いのか。
それは、ほとんど輸入に頼っているから。
米も野菜もパーニュもお土産も。
じゃあ、なんで輸入に頼るのか聞いたところ、
前出のチャド人曰く「ガボン人は働かないからだ」とのこと。
同僚(ガボン人)も「ガボン人は怠け者だ」と言っていた。
なぜ怠け者なのか聞くと、
石油でお金が入ってくるから働かなくなった、と。
でも、ガボンの石油採掘量は下降線をたどっています。
石油の需要だってどこまで続くかわからないしね。
元宗主国のフランスのやり方もいけないと言っていたけど。

ガボンは人口が少ないこともあって経済指標が高い。
DACリストの一番上のランクです。
でも、実際の生活はその経済指標に追いついていない。
まだアフリカの他の国に行ってないから想像でしかないけど、
セネガルとかのほうがお店とかインフラとかいろんな面で発達している気がする。
任国外旅行行って、その辺の違いも目にしてみたいな。

兄のガボン来訪に向けて首都に上がります。
お兄ちゃん来る前にガボン第二の都市、ポールジャンティ行って
CTAの見学&『ガボンの歩き方』の取材して、
週末は同期とプチバカンス楽しんできます♪
2月はストレスフルな毎日が続いたから発散するぞー!
2011.02.28 / Top↑
来月終わりに私の任地にて日本祭りを計画中★
なかなかプログラムや場所が決まらなかったり、
資金確保をどうしようと悩んだり(JICAはこういうのには資金を出さないので)、
県知事にレターを出しに行った時には
「フランス語話せる人を連れてきて」と言われて凹んだりもしたけど、
オグエ・ロロ州の教育省の協力を得てどうにか見えてきました。
土壇場に来て、柔道の大使館杯(日本大使館主催)がばっちり日程かぶって
目玉企画だった柔道隊員によるアトリエが中止になったり
まだまだ不確定で準備不足なところも多いけど・・・。

日本祭り@クラムトゥの目的は日本文化の紹介とHIV/AIDS啓発。
祭りの最後にはみんなでソーラン節を踊る予定。
総会時にちょこっと練習しただけだけど、ちゃんと踊れるかな・・・。
いや、たぶんムリだよね(^o^;

でも、こんな小さな町に日本人が20人近く集まるかと思うと楽しみ★
間違いなく、異様な光景になるんだろうな(笑)
ご近所さんや学校関係者や子どもたちも楽しみにしてくれてるし、
クラムトゥの住民が日本の文化に触れて、
町の活性化のヒントとしてくれたらいいな。
2011.02.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。