La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の研修は、なんだか向こうに行ってからのイメージが
具体的に湧いてくるもので、楽しかった。


午前中のワークで感じたように、受け入れ先の人たちは
「経済大国の日本の人が来る」と聞いたら、
「お金の援助してくれるかも」とか、
「日本人ならいいアイデアを持っているだろう」とか、
私たちの能力以上のものを期待してしまうかもしれない。

でも、私たちのできることは限られているから、
いかに「この人何もやってくれないじゃん」って思われずに
自分のできないことはきちんと断れるかが重要。
これはビジネスの世界でも通ずるところはあるかもだけど。

とは言っても、私は二代目隊員だからある程度受け入れ先の人も
JOCVがどういうことをやってくれるのかを理解してくれてるだろうから、
そういう意味では新規隊員よりも恵まれてるのかも。

前任者の意志を引き継ぎつつ、私のオリジナリティも出せたらいいな。



今日は研修が終わった後に何人かで広尾にあるJICA地球ひろばに行ってきました。
前任者の活動報告書を見て、参考にしようと思って。

私の前任者の方の報告書は第1号のしかなかったけど、
ガボンのエイズ対策の方の報告書は全部参考になりそう♪
中には第5号(最後の報告書かな?)をフランス語で書いてる人もいた!!
私もそれくらいフランス語を習得して帰ってきたいなー★


***

ところで、今日JICA地球ひろばでとあるスライドショーがやってました。

『あなたの感じる幸せって何ですか?』

みたいな題名だったと思うんだけど。
世界の人が幸せを感じた瞬間を言葉にしてるんだけど、

「村に水が届いたとき」

「字が読めるようになったとき」

「仲間と一緒に働いているとき」

など、日本で暮らす私たちにとってはあまりに日常的すぎることに
大きな幸せを感じている人って世界にはたくさんいて、
本当の意味での幸せってなんだろう?ってつくづく考えさせられました。

経済的にいくら豊かでも、心の豊かさがなければ幸せは感じられないよね、きっと。
2009.11.18 / Top↑
もう、頭のキャパ超えてしまいました・・・。
正直、あんまり覚えてないや。

たしか、午前中は宗教と文化的規範の中でいかにエイズ対策を行うか、の講義。
中高はキリスト教の学校に通っていたけどプロテスタントとカトリックはまた違うし、
宗教観を持たない私にとっては、すごく難しい環境に置かれるんだろうな。
「避妊をしてはいけない」って教義は手ごわいな

午後はストレス・マネジメントの講義と支援プログラム作成のワーク。
ストレス・マネジメントは普段の生活にも役立つ講義でした。
とりあえず、早く休職して元カレの顔を見ない生活になれば
私のストレスはかなり軽減されるはず!!

夜は、エイズ対策研修の初めての懇親会
みんな歳も近いし、同じ目標を持ってるし、オープンで話しやすいし、
研修も残すところあと3日と思うと、すごく淋しい
訓練所も駒ヶ根と二本松に分かれちゃうし、
3月からはネパールやホンジュラスやアフリカ各国に散らばっちゃうし。
でも、みんなも頑張ってるから私も頑張ろうって、
きっとみんなの存在が私の力になってくれるんだろうな
まだ出会って5日しか経ってないけど、いい仲間にめぐり会えました


ところで・・・。
イエメンでJICA関係者(専門家かな!?)が拘束されたってニュース。
他人事じゃないよなぁ。
ガボンはアフリカの中でも治安のいい国で、
私が赴任するクラムトゥはその中でも安全な町みたいだけど、
油断せずに気をつけなければ

あ、ミスチルの福岡のチケットが手元に届いた★
スタンディング席だ、やった
イブのチケットも取れることを信じて、次はDVD先行予約にチャレンジだ
2009.11.17 / Top↑
早くもパソコンが壊れました。
購入1週間です。一番丈夫なの買ったのに。
富●通さん、頼みますよ。ちゃんと初期不良として交換してね。

そして、さっき書いたブログが消えました・・・。
昨日、今日と感じたことを徒然なるままに書いてたのに。
なんか、すっごいもやもやしてて読んでる人としては
何??って感じだと思うけど、アフリカで活動をする中で壁にぶつかったとき
「あ、研修のときはこんなこと考えていたんだ」って振り返れるように
自分のために今感じていることを書き留めておきたいんだよね。
なので、めげずにもう一度書きます

*********************************************************
昨日は午前中、性に対する自分の認識を明確化し、
リスクアセスメントをするというもの。

その中で改めて感じたことは
「知ってる」ことと「実行する」ことは違う、ということ。
いかに啓発活動を行動につなげるか。
啓発活動が成させられるかどうかはここに懸かっている。

さらに、結局はどういうリスクを負ってどういう行動を取るかというのは
個人の自由というか、第三者が口出しをすることではない。

午後は手記を読むワークショップ。
患者、患者の家族、患者の恋人など、さまざまな立場の人の手記があった。
感染発覚からいろんな思いを経て、前向きに生きる人たちの言葉に励まされた。

でも、息子から感染を告げられた母親が「そんな命を無駄にして!!」と
怒りを爆発させた、というのを読んで共感してしまった。
その時に「もしかしてまだ自分も心の奥底でそう思ってるのかな」
と感じてショックでした。

でも、今は無理にその感情を否定するのではなく、
そういう感情を持ってしまう自分がいるということを認めよう。
それがきっとこの研修で得るべきものだと思うから。

最後の講義はセクシュアリティとエイズについて。
セクシュアルティってホントに難しい。

解剖学的な男女があって、それぞれに性自認としての男女があって
さらにそれぞれ性的指向が男女どちらに向いているか。
解剖学的にだって、男と女のふたつにぱっきり分けられるわけではない。
インターセックスだっている。
昨日は出てこなかったけど、Aセクシュアルやセックスレスの人だっている。

性自認は、どういう時に感じるのだろうか?
私はなんで自分が女だと思っているのか?
必ずしもジェンダーの認識のもとで性自認をするわけではないらしいし。
うーん、奥深い。


*********************************************************
今日は陽性者の話を聞いたり、告知にまつわるロープレをしたり
SWの性的健康について考えたり、人権について学んだり。

もっと世間で正しくHIVの理解が広まれば、彼の上司は一人で抱え込まなかっただろう。

いろんな立場のいろんな価値観の人に話すにあたって、
言葉を慎重に選らばねば。

社会の倫理観や道徳観が原因でマイノリティの人権を侵害しているのではないか?
だとすると、倫理観って何??
同じ日本の中でもこうなんだから、宗教も文化も違うガボンでは
もっといろんな壁にぶつかるんだろうな。
それとも、考えすぎ!?

あー、モヤモヤモヤ・・・。
明日は飲んでこのモヤモヤを少しはクリアして、火曜日出社しよう!
2009.11.15 / Top↑
ひたすらインプットした分をアウトプットしたいんだけど、
あまりにインプットしすぎてまだ頭の中がごちゃごちゃです(>_<)
でも、すごく充実した時間を過ごせてます。

研修が始まる前に「HIV/エイズ」から連想する言葉をホワイトボードに
蜘蛛の巣のように書いていったんだけど、HIVに関連する事柄の多さに
改めてびっくり。

1日目の最初の講義はぷれいす東京の代表、池上千寿子さん。
最近ではSexual Health/Rightsをいう視点が重要になっていると言う。
性の問題をモラルではなく健康として扱う視点は、私にとって新たな視点でした。

国立国際医療センターの仲佐先生の言葉で印象に残ったのは
「多国籍企業と途上国の関係は、宗主国と被宗主国の関係と同じだ」
と言っていたこと。

途上国の資源を使って製品を作るが儲けは自国に落ちる、という構図は
ある意味でそうなのかもしれない。ちょっと過激かなぁ、とは思うけど
多国籍企業のグループで働く私としては、頭の片隅においておこうと思った。

2日目の今日は、朝一番から内容の濃い講義でした。
HIVとは、免疫機能を低下させる病気である。
NYのとある高校で18ヶ月にわたって実際に調査されたSexual Networkの図は、
多くの場合パートナーは1~2人にも関わらず、まさに蜘蛛の巣!!
「彼氏の元カノの元カレを知っていますか?」を目の当たりにした感じ。

ダメだ。全然アウトプットできない!
ちゃんと自分のモノにできているのかなぁ。ちょっと心配。
でも、明日からも研修は続く・・・

人間は差別をしたり偏見を持ってしまうもの。
だから、そういう自分を恥じるのではなく、きちんと認めて向き合う。

この視点も今回の研修で得たものです。


HIV/エイズの勉強をしていると必ず出てくるのが日本の性教育問題。
ANYでも「日本は性情報の先進国。性教育の後進国」という言葉を聞いた。
そのときの話だと、小泉さんや安倍さんが性教育を排除したらしい。
では、鳩山政権になって日本の性教育は変わるのだろうか??
JaNP+が衆議院選挙の時に各党に送った質問状に対する答え、
民主党の回答は、ありきたりのことを言っていただけだったけど・・・。

あぁ、なんかまとまらなさ過ぎてただの備忘録となってしまった。
ごめんなさい(笑)
2009.11.13 / Top↑
いよいよ、エイズ対策の技術補完研修が始まります★
きっと、今までは出会う機会のなかったバックグランドを持った人たちと出会えるんだろうなぁ。
たった一週間でいろいろ学んで吸収しないといけないから大変だろうけどすごく楽しみ♪

ちなみに事前学習の進捗状況ですが、

『Helping Children Take Antiretroviral Medicines on Time』
⇒終了
『Putting prevention at the forefront of HIV/AIDS』
⇒終了
『BMC Public Health』
⇒まだ途中。でも、たぶん読み終われると思う
『Sexual Risk Factors for HIV Infection in Early and Advanced HIV Epidemics~』
⇒挫折。この資料、難しくない!?
『エイズを知る』
⇒終了。でも、ずいぶん前に読んだから覚えてない

はぁ、この3日間だけでいいからめぐちゃんの脳みそを貸してほしい・・・。

masanoriさんも皮さんも遠路はるばる大変だと思うけど、気をつけて来てくださいね!


今日の備忘録。
・後ろのアバラを腰椎にまっすぐ乗せるように
・四番のルルベのときに後ろの足が小指に乗らないように
・ピルエットの顔ってやっぱり重要だなぁ。
2009.11.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。