La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ガボンに来て、炊きたての白いご飯と明太子の次に恋しいものは、
間違いなく100均!!

日本ってすごいよね、100円で何でも買えちゃうんだから。

赴任に向けて調理器具とか生活用品とかいろいろ買ってるんだけど、
めちゃくちゃ散財してます・・・。
たぶん一か月分くらいの生活費をつぎ込んでるかな。

しかも、任地には銀行がないため、次に首都に上がってくる
7月後半まで生活費おろせないのに、果たして金欠にならないかな。

ワイングラスとかも買ったけど、しばらくはお酒も無理かもー。


さて、今日でやっとホームステイが終わる!!
いっぱいお世話にはなったけど、なんせ夕食の時間が遅くて・・・。
めっちゃストレス溜まってました
明日からは健康的な食生活が送れる★
スポンサーサイト
2010.04.30 / Top↑
日本を経ってから、今日で37日になります。

2年間の派遣期間のうち、5%が経過しちゃったんだね。
これを20回繰り返したらもう日本にいるんだなって思ったら
あっという間だなって思って。

まだ、赴任してないし全然活動してないけど・・・。

残された時間が僕らにはあるから、
大切にしなきゃと小さく笑った

って、その通りだよね。大切にしなきゃ。
2010.04.29 / Top↑
月曜日から三日間、PLISTというガボンの性感染症予防啓発の
機関によるHIV母子感染予防研修を受けてきました。

月曜と火曜の二日間はPLISTのオフィスにて座学。
ひたすらフランス語・・・。わからない・・・。
事前に資料をもらっていたので予習していったからよかったものの、
ちょっと話がそれると全然わかりませんでした・・・。
内容としては、
①妊娠~授乳までの段階別感染リスク
②HIV+の妊婦に対する予防的ARV投与について
③HIV+の妊婦から生まれた新生児へのARV投与について
などなど。
IMG_0365s-.jpg


具体的にCD4数(免疫細胞でHIV治療開始の指標とされる)が
どれくらいであれば何をどれくらい投与して、というところまで
勉強することができたので、とても役に立った!!
日本での技術補完研修でも日本の事例でいいから
これくらい具体的なことやってくれればいいのになーって思いました。

これが母子感染予防に使われるARV。
NVPとAZT。TC3は在庫切れでした。
ちなみに、made in Indiaです。。
IMG_0366s-.jpg


そして、水曜日は首都リーブルビルのンザイオンというところにある
母子保健センター(SMI)の見学。通常、SMIでは出産は行わないんだけど、
さすが首都なだけあって、HIV抗体検査のラボラトリーはあるわ
出産施設はあるわ、とても充実した施設でした★
地方隊員いわく、こんなキレイなところはめずらしい!とのこと。

IMG_2565s-.jpg  IMG_2536s-.jpg


すやすや眠っていたのに
IMG_2526s-.jpg

予防接種されたら・・・
IMG_2527s-.jpg

痛かったんだね、泣き叫びすぎてぶれちゃった。
IMG_2529s-.jpg


この子は朝の6時に生まれたばかりの子。
IMG_2550s-.jpg


すごい、いっぱい赤ちゃんがいてめっちゃ癒された~★
母子感染予防に力を入れたいってますます思いました。

↓ここもリーブルビル。
IMG_2580s-.jpg

すごいリゾートっぽいでしょ!?
でも、ある意味詐欺ですね、この写真は(笑)

残念ながら、この街めっちゃ汚いです。。。
2010.04.28 / Top↑
今日は保健分野の隊員が集まって保健部会という集まりがありました。
メンバーは21-4も入れて合計7人。
・エイズ対策:4人
・看護師:2人
・養護:1人

毎回テーマを決めて各配属先での状況を共有したり
テーマについて勉強したりしているようです。

今回のテーマは『HIVの母子感染予防について』
看護師のお二人が働いているSMI(母子保健センター)と
エイズ対策隊員が働くCTA(エイズ外来治療センター)での
PTME(母子感染予防)についての状況の発表を聞きました。

HIVの母子感染は医療的な介入を全くしなかった場合、
HIV+の母親から子どもの感染する確率は約25~40%。
ARV(HIVの働きを抑える薬)の予防的投与や帝王切開、
乳児へのARV投与やミルクでの授乳などの処置を行っていれば
この数字は限りなくゼロに近づきます。

各配属先での状況を聞いているとSMIや産科とCTAとの連携が
うまく取れていない場合がかなり多いみたい。

でも、今回の保健部会の話を聞いていて思ったのが、
HIVは社会的にもとても大きな問題なんだけど、
第一優先になりにくい問題なのかもってこと。
お金がない中で、潜伏期間が長くて自覚症状もあまりない
HIVというウイルスに対してどれだけの人がお金と時間を費やせるか。

特に妊婦の場合、妊婦健診と並行してCTAにも通わないといけなかったり、
HIV+であることがわかると夫に家を出されてしまったり、
母乳で育てていないと親戚からとやかく言われたり、
それからそもそも助産師やSMIの職員のHIVの知識不足だったり
問題は山積しているみたい。

でも、やるべきことをやれば限りなく子どもへの感染が防げるのだから、
クラムトゥに行ったら私もPTMEに積極的に関わりたいと思います。

今回の保健部会では、母子感染を防ぐために必要なARVの種類や投与量、
先輩隊員が行っているアプローチなど具体的な話がいっぱい聞けて
とても有意義なミーティングになりました。

IMG_0353s-.jpg
↑こんな感じでやってます。


そういえば昨日の夕食に日本食作りました。
春巻きはいい色つかなかったし、
肉じゃがはグリーンピースの色がくすんでて見た目良くないし、
ご飯はお鍋の底がこげちゃったし、
とにかく見た目がイマイチだったから写真はなし!
でも、味はおいしかったよ★・・・私的には。
一応「C'était bon!」って言ってくれたし★
肉じゃがと梅干しで久々に癒された♪
2010.04.25 / Top↑
しました。

最後の授業は、来週の母子感染予防の研修に向けて
女子三人はVIHに関する授業をしてもらいました。
日本語でも難しい免疫細胞の機能についてフランス語で
勉強するなんて思ってもなかった!!
でも、略語(PVVIH=PLWHIVとか)は辞書に載ってないから
こういう機会を設けてもらえて本当によかった♪

これが、来週の研修の資料です。
IMG_0344s-.jpg

UNAIDSに掲載されてるガボンのHIVの資料を英語ですら読む気しないのに、
すべてフランス語ですよ!!総ページ数、61ページ・・・。
週末に全部目を通せる自信は、もちろんありません。。

でも、ガボンでは先輩隊員でもエイズ対策の方がいたり、
保健分野の隊員で保健部会っていうのを作っていて
年に数回集まって情報交換したり勉強会をしたりしているので、
とても心強いです。私も助けてもらうばかりでなく、
早くいろんな情報をシェアできるように頑張らなくちゃ!


今日のお昼ご飯は昨日に続いて翼くんプロデュースのチャーハン。
IMG_0343s-.jpg

昨日はシーフードで、今日はジャガイモとコーンとお肉。
かなり料理上手な翼くんです★
ごちそうさまでしたー
2010.04.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。