La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ひたすらインプットした分をアウトプットしたいんだけど、
あまりにインプットしすぎてまだ頭の中がごちゃごちゃです(>_<)
でも、すごく充実した時間を過ごせてます。

研修が始まる前に「HIV/エイズ」から連想する言葉をホワイトボードに
蜘蛛の巣のように書いていったんだけど、HIVに関連する事柄の多さに
改めてびっくり。

1日目の最初の講義はぷれいす東京の代表、池上千寿子さん。
最近ではSexual Health/Rightsをいう視点が重要になっていると言う。
性の問題をモラルではなく健康として扱う視点は、私にとって新たな視点でした。

国立国際医療センターの仲佐先生の言葉で印象に残ったのは
「多国籍企業と途上国の関係は、宗主国と被宗主国の関係と同じだ」
と言っていたこと。

途上国の資源を使って製品を作るが儲けは自国に落ちる、という構図は
ある意味でそうなのかもしれない。ちょっと過激かなぁ、とは思うけど
多国籍企業のグループで働く私としては、頭の片隅においておこうと思った。

2日目の今日は、朝一番から内容の濃い講義でした。
HIVとは、免疫機能を低下させる病気である。
NYのとある高校で18ヶ月にわたって実際に調査されたSexual Networkの図は、
多くの場合パートナーは1~2人にも関わらず、まさに蜘蛛の巣!!
「彼氏の元カノの元カレを知っていますか?」を目の当たりにした感じ。

ダメだ。全然アウトプットできない!
ちゃんと自分のモノにできているのかなぁ。ちょっと心配。
でも、明日からも研修は続く・・・

人間は差別をしたり偏見を持ってしまうもの。
だから、そういう自分を恥じるのではなく、きちんと認めて向き合う。

この視点も今回の研修で得たものです。


HIV/エイズの勉強をしていると必ず出てくるのが日本の性教育問題。
ANYでも「日本は性情報の先進国。性教育の後進国」という言葉を聞いた。
そのときの話だと、小泉さんや安倍さんが性教育を排除したらしい。
では、鳩山政権になって日本の性教育は変わるのだろうか??
JaNP+が衆議院選挙の時に各党に送った質問状に対する答え、
民主党の回答は、ありきたりのことを言っていただけだったけど・・・。

あぁ、なんかまとまらなさ過ぎてただの備忘録となってしまった。
ごめんなさい(笑)
スポンサーサイト
2009.11.13 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。