La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
知り合いがお隣の国コンゴで
ジントニックとマニョックを買ってきてくれました。
IMG_0994.jpg

ジントニックはこの大きさで700F。
ガボンで売っているのは小さいボトルで800F。
マニョックはガボンのモノよりも1.5倍くらい太いのが200F。
ガボンではお隣州のフランスビルで300F。
あ、でも味はフランスビルのマニョック・バテケのほうが上だった★

何が言いたいかというと、ガボンは物価が高い!
おかげさまで世界第一位の生活費をいただいているので
私は別にいいんだけどさ。でも現地の人は大変よ。
特にクラムトゥは内陸で交通インフラも発展していないから
余計に高いんです。野菜とか、高かろう&悪かろう・・・。

知り合いのチャド人にチャドってどんな国?と聞いたら
もっとモノが豊富で新鮮で安い!んだって。
今ベナンに一時帰国中のママにベナンのパーニュ(布)をお願いしたら
ベナンではガボンの半額で買えるんだって。

なぜガボンは物価が高いのか。
それは、ほとんど輸入に頼っているから。
米も野菜もパーニュもお土産も。
じゃあ、なんで輸入に頼るのか聞いたところ、
前出のチャド人曰く「ガボン人は働かないからだ」とのこと。
同僚(ガボン人)も「ガボン人は怠け者だ」と言っていた。
なぜ怠け者なのか聞くと、
石油でお金が入ってくるから働かなくなった、と。
でも、ガボンの石油採掘量は下降線をたどっています。
石油の需要だってどこまで続くかわからないしね。
元宗主国のフランスのやり方もいけないと言っていたけど。

ガボンは人口が少ないこともあって経済指標が高い。
DACリストの一番上のランクです。
でも、実際の生活はその経済指標に追いついていない。
まだアフリカの他の国に行ってないから想像でしかないけど、
セネガルとかのほうがお店とかインフラとかいろんな面で発達している気がする。
任国外旅行行って、その辺の違いも目にしてみたいな。

兄のガボン来訪に向けて首都に上がります。
お兄ちゃん来る前にガボン第二の都市、ポールジャンティ行って
CTAの見学&『ガボンの歩き方』の取材して、
週末は同期とプチバカンス楽しんできます♪
2月はストレスフルな毎日が続いたから発散するぞー!
スポンサーサイト
2011.02.28 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。