La vie au Gabon

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私には今、どうしても助けたい女性が一人います。

彼女の名前はレア。24歳の学生です。
彼女が最初にCTAに来たのは2010年7月のこと。
妊娠6カ月目で妊婦検診にてHIVの陽性反応が出て確認検査をしに来た。
結果はやはりポジティブ。妊娠している子どもに感染させないために
母子感染予防のための抗HIV薬投与が始まった。
彼女にはお腹の子ども以外に3歳の娘がいた。
娘のエスティメもポジティブ。
旦那はネガティブだったから、旦那以外の人からの感染ということになる。
それでも旦那さんはレアを追い出すことなく
精神的にも金銭的にも彼女のことを支えている。

その彼女が出産後1年ほどCTAに来なかった。
その間に彼女のCD4(免疫力の指標)は10にまで下がっていた。
HIVに感染していない大人の数値は700~1,300くらい。
抗HIV薬の投与を始める基準が350だから、
10というのは、いつどんな病気にかかってもおかしくない、大変危険な状態。

CTAに再び来てからは、抗HIV薬もきちんと飲めているので
おそらくCD4の数値も上がっているはず。
前回の検査から3カ月が経っているので再度検査をしないと
抗HIV薬を渡せないのだけど、お金がなくて検査ができないという。
必要な検査をするためには18,000FCAF(約3,600円)が必要。
でも、検査をしなければ薬は渡せない。
薬を飲まなければCD4は下がるだろう。
それだけではなくて、耐性ウイルスができて薬が効かなくなる。

今回の検査代を捻出できたとしても、次はどうなるかわからない。
HIVの治療は一生続くものだから。
いつ治療を断念せざるを得なくなるかわからない。

彼女を死なせるわけにいかない。
彼女を助けたい。

・・・でも彼女を見守れるのは、あと2週間。
スポンサーサイト
2012.02.17 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。